平成28年10月26日(水)第25回總和会全国大会が参加者130有余名を得て開催されました。

江川辰三紫雲臺猊下御親修のもと仏祖諷経・会員物故者追悼諷経が厳修され、続いて御垂示を賜りました。

鬼生田俊英總和会会長の式辞の後、總和会最高顧問石附周行大本山總持寺副貫首、總和会常任顧問乙川暎元大本山總持寺監院、總和会常任顧問佐瀬道淳曹洞宗参議よりそれぞれ祝辞をいただきました。

式典終了後、第1部大会会議が始まった。

議事に入り大本山總持寺石田征史副監院より山務報告、倉内泰雄理事長より会務報告が行われ、続いて各ブロック代表による意見発表及び活発な質疑応答が行われました。

第2部では、四天王寺大学前学長・崇禅寺住職西岡祖秀先生による『チベット仏教学と禅』と題して記念講演が行われ、会議日程を終了しました。